やっと ソ満 国境 15歳の夏 を見て

昭和20年も暑い夏だった。74年前、私には小学3年生の時だ。 その夏、新京 (中国・長春市)で中学生であった彼らの運命が綴られた体験談「ソ満国境15歳の夏」を、数年前に読んだ。 中学生でありながら、終戦間際に日本人開拓団の男子は全員が招集されていた。その農場に留守の穴埋めに都会から派遣されたのだ。軍隊が駐屯している体…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

息子が難病とはーーー

34年前の1985年(昭和60年)8月12日夕方、行方不明となり墜落した。いわゆる日航機墜落事件。 昨夜、NHKの「ラジオ深夜便」放送中に目覚めた。聞こえてきたのは、この飛行機に搭乗し犠牲となった「坂本九」の想い出メロディ集であった。 独特の歌声で「涙君さよなら」を歌っていた。 涙君さよなら さよなら涙君 また逢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8月9日の満州、

あの日の8月9日は中国の満州と呼ばれた東北の地も暑かった。突然、ソ連軍が侵攻した日だ。 ソ連に近い国境の町で、昭和20年にこの日を迎えたのだ。74年前、小学校三年生だった。当時は東安とよばれて省都だった。 テレビのBSテレ東京で、「武田鉄也」の司会でー昭和は輝いていたー「満州帰還者の希望」で満州ものがあると聞いて観た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カエルも三代

簡単なおもちゃ、にぎりのポンプでエアーを送ればピョン、ピョンと跳ねるという仕掛け。 ひ孫が喜びそうな玩具をネットで見ているうちに目に留まった一点。実は自分の息子に与えた記憶があった。そしてこのおもちゃを卒業しトミカーへ、そして孫にも与えた。そこで早速アマゾンに注文した。 孫がお父さんになって、その子の生後6ケ月のひ孫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

満州の旧友の孫が再来した

昔、満州と呼ばれた中国東北部、歌謡曲”国境の町”が唄われたモデルの近くの田舎町。私の家族の最初の仮住まいは現地、当時は満人と呼ばれていた写真館が隣にあった。 そこの年代が近い写真館の少女とよく遊んだ。彼女しか遊ぶ子が居なかった、と言った方が正しい。 その写真が、内地の祖父に近況として手紙と共に送られて、私は引き揚げ後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かかし議員と美人候補の選挙

今年も「かかし」が立てられた。今年は日照不足で出来高が心配だ。 なぜか青田に立つし、場所が変わったのが大いに目立つのだ。 街中に残された最後の田園の、一番奥で道路からは見えない場所だ。 素人が考えても梅雨も末期の時期に、台風が来て参院選挙の投票日に影響が出そう。 議員でもまるで「かかし議員」が、中には居るだろ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

雨、雨、雨、、、

今日も雨になった。 コンピューターが性能がよくなり、的確率も高くなったそうである。 世界的にも確率は上位と、気候予報士がTVで自慢していた。電車が数分遅れても「遅れて申し訳ありません」と謝る国民だから、雨のスタイルででカンカン照りに帰るなんて、そりゃ大目玉だわ。 少しばかり変化のない毎日を過ごした。ひ孫にあやすとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

孫のおもちゃはアマゾンで・・・

最近、内こもり老人状態で、毎日に変化がありません。 一番の最大事がひ孫と遊ぶこと。当然だが可愛くてしようがない。 孫たちには 「老人は砂糖まみれにするだけ、塩加減は親がやってくれよ。年寄り部屋には砂糖だけで塩がないんだ」と宣告してあります。 子育ての頃、友人が 「困っちゃうなあ、爺さんが軍人恩給で孫に大型オートバイ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

入梅に入った・・・とか――コストコ

昨日梅雨入りが発表されて、東海地方も一日中の雨。 一転し今日は東海地方は快適な一日だった。 「爺ちゃん、コストコ行かない、俺たち行こうと思うんだ」孫夫婦のお誘い。 「うん、連れて行って!」 高品質な優良ブランド商品をできる限りの低価格にて提供する会員制倉庫型店として中部空港店として開店。 一度は行ってみたか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

5月に扇風機を出しました

市内の小学校は今日が運動会。これ自体が我々の幼少期にはズレた話。 昨夜からの予報では名古屋地方は34度。各地は軒並みの真夏日の気温の予想。あまり暑いので扇風機を出して試運転。こんなに早く出すなんて・・・異常気象と言われる最近の天気の傾向。 救急車のサイレンは聞かなかった。熱中症は無事クリヤーか。 一体今後はどう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

内祝 だっこ米をいただきました

ひ孫が産まれて「お食い初め」なる育ちの経過の儀式も実家で終えて、爺婆にも宅急便で「内祝い」が届けられた。 爺婆にはひ孫を抱かせてもらう喜び以外に、これ以上の二人のプレゼントはない。 「だっこ米、体重米、お米で赤ちゃん、」と名前は違えど、出生時の体重がお米になって、内祝いとして宅配されることを初めて知った。 よい…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

津軽平野を歌った君よ

陛下の退位から新天皇即位まで、テレビでお付き合いをして今日まで、さすがテレビももう見飽いた。 チャンネル回すとBSで吉幾三の歌が聞こえた。「津軽平野」だ。 町内の同年、10名ほどの中で私を含めて戦争遺児が三名がいた。その中の「K」君がこの歌をよく歌った。 還暦を迎えるのに、町内の神社に何か寄付しようと呼びかけて…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

始末が悪い 血圧 というやつ!

年齢を重ねるごとに、気がかりになってくる血圧。 月に何回か、血圧を測ってみては結果に一喜一憂している。 千変万化で、一体どれが本当なんだと疑うよりない。 血圧高めと判断されるポイントは「130以上」の方!と最近発表された。その前の前は、個人差があり、150、160といっても老人の場合は一概に高血圧とはいえない、と教えられ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

伊勢神宮で「平成に感謝」の参宮

今朝のこと、突然に我が家の主人の孫君が「爺ちゃん、今日、今から伊勢神宮行かない?」と藪から棒。 10連休の一日前に有給とったし、日頃の嫁と子への家庭サービスという。まだ子も生後三ヶ月、本人の言うこと、子守の予備員的要因かーーだがうれしい。もう自分では行けない、3時間弱運転の距離なのだ。 「ありがとうさん、連れて行って…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

高齢者ドライバー事故に想うこと

最近は高齢者ドライバーの事故が増えている。 やる気ではないが起きてしまう。私も若いころに、ブレーキとアクセルペダルの踏み間違いで背中に汗をかいたことがある。 自分の乗りなれた車で起きた。 あっ、と思い、ブレキーを踏んだつもりが加速して「やっ、やっ、や、や」とあせった。まだ若い頃であったから、ブレーキペダルに足が行き…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

産声あげて83年、感謝の人生だ

1936(昭和11)年4月11日、三河平野の小さい村で産声を上げた小生。 この年は後に調べれば、有名な2・26事件があり、世は騒然としていたであろう。青年将校たちが奮起して、世を改めるべく立ち上がったという。 海外ではドイツでオリンピックが開催されて、ドイツ・ヒトラーの台頭をゆるし、全体が戦争に向けて走りだした頃でもあったの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

新しい時代を見て

平成天皇が事前譲位にともない、元号が変わることになり、ここの数日は次の元号が何になるかと、テレビは連日、予想をかねてワイドショーの種となっている。 昭和天皇が崩御されて、「平成」となった。 平成の時に町内の総代にまつられて、任期中で急に年号が変わることとなった。 なにか記念事業をーーと、声が聞かれて、立場上なにをす…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アマゾンが中国から配達された

私のコレクションに”キャップ”がある。すなわち「帽子」だ。一年で気に入りを二品は求める。 アマゾンで二つで1650円ほどの夏用のキャップが気に入った。 アマゾンと言えば翌日配達で有名。急ぐ、急がないにかかわらず、早く届いては驚かされる。 注文受けて、一つは翌日配達、もうひとつは月末の指定を見て、初めて「おやっ!」と…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ママさんの配慮に感謝

孫の嫁さんの気配りに感謝した、実は彼女がMyカーを買い替えた。 ピカピカの7人乗りが昨日届けられた。車検を機にワーゲンを国産車にしたのだ。替えたのだ。 実家も助言があり、自分の出産し、老いた大爺さん、大婆さんも間もなく免許証は返納、そうすると自分が載せて行くことになるーーそこまで読んでの配慮ーーありがたい、お礼を言いたい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

目ん玉に注射

「硝子体腔内注射」という手術を午前中に施術した。ズバリ!目ん玉に注射していただいたーーということ。 年のせいか、パソコンのやり過ぎに、タブレットで無料映画の見過ぎなのか、右目は視力が0,2..左は0,8で免許証の更新はあきらめているが、人生100年時代、もう少しパソコンを楽しみたい。 「少しがんばりましょう!」とドク…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more